<< 「新・表現サークル」始動! | main | 暑中お見舞い申し上げます >>

スポンサーサイト

  • 2014.01.01 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


フラワーアレンジメント

身内事ですが、僕の祖母が今月で87歳、数えで88歳、つまり米寿となりました。
そのお祝いに何か自分にできることはないだろうか・・・と思いついたのがフラワーアレンジメントでした。
祖母は花が大好きということや表現サークルの活動でもフラワーアレンジメントを行い、その経験をぜひとも活かしたいと思い、フラワーアレンジメントをしてプレゼントすることにしました。
用意したものはワイングラスのようなシャレた形をした鉢、立方体の発泡スチロール、永遠に枯れない花=造花、小道具はラジオペンチとカッターを用意しました。
まずはカッターで発泡スチロールを鉢に収まるように切り、鉢に収めます。
この発泡スチロールはオアシス(生花をアレンジメントする際に用いる吸水性スポンジ)の代わりになります。
次に鉢に生ける造花をちょうどいい長さに切り揃えます。
この際にラジオペンチを用います。
ご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、造花の茎は表面はプラスチックですが、中には針金が通っているんです。
造花がちょうどいい長さになったところでいよいよ鉢に生けていきます。
作業は単に造花を挿すだけなのですが、バランス良く生けるのはなかなか難しいものです。
僕の場合は30分ほどかかってようやく完成しました。
祖母はフラワーアレンジメント、とても喜んでくれました。
この造花を使って行うフラワーアレンジメントは実は今回が初めてではなく、学生時代にも行ったことがありました。
専門学校2年次、クラスメイトだったK・NくんとH・Hさんが中心になり、M・Oくん、M・Kさん、O・Sさん、R・Sさん、H・Nくん、K・Nさんが僕の好きな野球のボールにメッセージを寄せ書きしてプレゼントしてくれ、そのお礼にメッセージを書いてくれた人の誕生日の時に各々フラワーアレンジメントをプレゼントし、いずれも喜んでくれました。
サークルで経験したことを活かし(生花のフラワーアレンジメント)、応用した経験(造花のフラワーアレンジメント)が現在も生きています。
人生において「経験したことは決して無駄にならない」、「経験したことはいつかどこかで何かにつながってくる」、今回改めてそう感じさせられました。
フラワーアレンジメントを体験したことのない方、ぜひともお勧めです!

↑表側

↑裏側

↑真上

〈リンク〉
http://rep-circle.jugem.jp/?eid=9(PRACTICE08)
http://2200koms.jugem.jp/?eid=8(PRACTICE08)〈Justice Hitoshi〉
http://rep-circle.jugem.jp/?eid=20(PRACTICE11-13)
http://importants.jugem.jp/?eid=161(祝・米壽)〈僕の個人ブログより〉

[CHECK]表現サークルの全活動:http://rep-circle.jugem.jp/?eid=48


スポンサーサイト

  • 2014.01.01 Wednesday
  • -
  • 04:22
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM