スポンサーサイト

  • 2014.01.01 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


THE LAST PRACTICE

THE LAST PRACTICE

〈活動日〉
2011年1月28日金曜日

〈活動主題〉
ルーミントン

〈活動内容〉
前回の続きを行い、制作したルーミントンを実際に使ってみる。

〈活動目的〉
保育者に向けて子どもと一緒に遊ぶための方法を学ぶ。

〈活動場所〉
604教室(学校6階)

〈使用資材〉
・発泡スチロール
・のこぎり
・スチロールカッター
・やすり
・掃除機

〈参加者〉
屋敷、あやこ、みなみ、りさ、倶知安のマリオカート野郎、Justice Hitoshi、きな、ヒロくん、リベロ仲嶋先生

〈企画・運営〉
リベロ仲嶋先生、3班(あやこ、ザンちゃん、倶知安のマリオカート野郎)

〈活動風景〉
とうとう最後のサークルとなりました。
最後の活動は前回同様ルーミントンであり、前回の続きを主に行いました。
リベロ仲嶋先生の到着まで、前回参加のきなを中心に、できる(発泡スチロールの淵を切る)作業から入りました。
リベロ仲嶋先生の到着後、先生の説明を聞きながら、発泡スチロールを自分の好きな形に切って作るラケットの制作に。
のこぎりやスチロールカッターを使って、羽子板のような形や単純な四角形に穴を開けて持つところをつけたもの(掲載写真参照)、僕はバットのような形など、各自様々なラケットを作りました。
同時にボールもやすりで削りながら作り、僕はある程度丸くなった時点で作業を終了し、みんなの作業風景を撮影していましたが、みんなはとことんこだわって作っており、とてもキレイなボールになっていました。
また、屋敷はエックス型のボール?というユニークなものを作っていました。
全体的に制作をするのに時間がかかり、できればみんなでボールを打ち合って遊びたかったですが、制作が終わった人から各自で少しだけラケットとボールを使って遊んでみたら、すぐ後片付けに。
作業場に広がる発泡スチロールの残骸を掃除機で吸ったり、ほうきで集めながら、みんなで掃除をしました。
平行してリベロ仲嶋先生とサークル長には報告書を書いてもらいつつ、18時半少し前に全ての作業が終了しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
↑左:僕ときなの作品、右:屋敷の作品

全ての作業が終了し、最後のサークルでもあったため、サークルの参加者全員と教室に1人残っていた元サークルメンバーのペーの10人で記念撮影に。
カメラのタイマーを使って、いっきに3〜4つのカメラが同時にカシャ!
タイマーをかけ忘れて撮影されていなかったりなどのトラブルも(笑)。
写真1〜2枚の撮影に10分近くかかりました(笑)。


記念撮影が終わり、参加者全員で円を作り、サークル長が簡単に挨拶。
全員で顧問を引き受けて下さったリベロ仲嶋先生へ「ありがとうございました」と挨拶をし、とうとうサークルが終了。
リベロ仲嶋先生は19時から他大学での講義ということで急いで学校を出られ、サークル長は報告書を提出に。
あやこさんと僕はサークルメンバー募集のポスターの回収に。
3枚のポスターも全部はがし、「とうとう本当に終わったんだな」としみじみ感じていました。
しかし、中途半端に終わることはなく、しっかりとした形で終われたことは本当に良かったです。
最後のサークルを全員参加で終われなかったのは少し残念でしたが、参加できなかったあやのさん、ザンちゃん、ノムさんの分もみんな最後のサークルを精一杯頑張れた・・・というよりはみんなとてもいい顔をして活動していました。
本当に表現サークルに出会えて良かったです!

↑屋敷作のポスター

↑あやこさん作のポスター

↑倶知安のマリオカート野郎作のポスター

〈関連ページ〉
http://rep-circle.jugem.jp/?eid=45(PRACTICE07 -season2-)

〈表現サークルを振り返って〉
思えば一昨年の10月に15人のメンバーで設立した表現サークル。
残念ながら、後継者もなく、今回の活動で最後となりました。
サークルが始動したのが一昨年の10月30日であり、昨日でサークルの設立から丸1年3ヶ月が経ちました。
本当に早かったね。
本当に色々あったね。
びっくり箱制作、はんこ制作、映画・DVD鑑賞、フラワーアレンジメント、写真撮影、ペットボトルロケット制作、ピンホールカメラ製作、そして、ルーミントン制作・・・本当に楽しかったね!
楽しいばかりではなく、大変な時期もありました。
去年の4月より新しい学科長・副学科長が就任し、前年度の報告書も作っていなかったため、まずはそこからスタート。
報告書が終わったら、次は年間活動計画の作成。
ようやく学科から許可が下り、メンバーも勉強や就職を優先するために何人か抜けましたが、去年の7月に久しぶりのサークル活動を再開。
もう少し早くに1年生を勧誘できれば良かったですが、なかなかその余裕もなく、ポスターを貼ったのも去年の11月末頃であり、結局加入希望者も1人しか現れず、その希望者も一度もサークルに参加することなく、サークルは終わりました。
もう少し早くに勧誘活動できていれば1年生ももう少し加入していたかもしれませんし、加入希望の1年生もサークルに参加していた、または参加しやすかったかもしれません。
結果的に僕達の学年のみでのサークル活動だったわけですが、それはそれで良かったのではないかと僕は思っています。
僕はどちらかと言えば消極的な人間です。
全てが全てサークルの存在のみではありませんが、サークルがなければ、サークルに加入していなければ確実に今の僕の友達関係はなかったでしょう。
サークルに加入してからよく話すようになったり、仲良くなった友達もいます。
同級生のみの集まりだったからこそ、いい意味でお互い遠慮なく色々な自分の姿を出せたのではないかと思っています。
Justice Hitoshiくんの美術サークルの発案に始まり、Justice Hitoshiくんの発案並びに顧問を受けて下さったリベロ仲嶋先生、サークルとしての活動を許可して下さった学科の先生方、表現サークルとなり、加入という形でサークルの設立メンバーとなった僕達みんな・・・。
本当に心から全員に拍手を贈りたいです。
また、多かれ少なかれみんなサークルに参加し、確実に身になったのではないかと思います。
皆勤賞もおり、きなです!
回数云々ではありませんが、素晴らしいと思います!!
ちなみに、ちゃっかり僕も皆勤賞でした。
ちょっと自慢(笑)。

みんな、本当にありがとう。
サークルは終わりましたが、人間関係が途切れるわけではありません。
これからの人生も今のままの関係で、さらにはもっともっと深く関わっていければいいね。
こんな僕ですが、これからもよろしくお願いします!


[CHECK]2009年度のサークル活動:http://rep-circle.jugem.jp/?eid=21


PRACTICE07 -season2-

PRACTICE07 -season2-

〈活動日〉
2011年1月21日金曜日

〈活動主題〉
ルーミントン

〈活動内容〉
ルーミントンを制作する。

〈活動目的〉
保育現場の研究授業でも行われている制作物を学ぶ。

〈活動場所〉
604教室(学校6階)

〈使用資材〉
・発泡スチロール
・のこぎり
・掃除機

〈参加者〉
屋敷、あやの、ザンちゃん、りさ、倶知安のマリオカート野郎、きな、リベロ仲嶋先生

〈企画・運営〉
リベロ仲嶋先生、3班(あやこ、ザンちゃん、倶知安のマリオカート野郎)

〈活動風景〉
今回は今年最初のサークル活動でした。
活動主題はルーミントンです。
そもそも「ルーミントンって何?」って人もいると思うため、まずは説明。
ルーミントンとは「部屋(ルーム)」の中でできる「バトミントン」のことであり、ルームバトミントン・・・ルーミントンです。
これはねらいにも書かれていますが、保育現場の研究授業でも行われているそうです。
ルーミントンはリベロ仲嶋先生の企画であり、いつでも制作できるよう、1年次より資材の準備をしていました。
そして、ようやくその制作活動に入りました!
企画のみならず、運営も全体的にリベロ仲嶋先生にやっていただきました(ルーミントンを制作したことがある人が他にいないため)。
企画・運営の欄に3班と書いてありますが、それはほぼ名前のみの在籍で(笑)。
本来、3班は演劇の担当でしたが、時間的なことなどで演劇ができなくなり、その代替でルーミントン制作となり、企画・運営として3班が入りました。
さて、今回は主にルーミントンを制作するにあたっての下準備を行いました(時間的に中途半端になりそうだったため)。
下準備とはのこぎりで発泡スチロールの淵を切るのみの作業でした。
みんなで手分けして発泡スチロールを切りました。
その時に出るゴミがすごいこと・・・。
マメに掃除機で吸いながら行いました。
下準備のみだったため、今回は早く終わりました。
さて、いよいよ次回は制作及び実際に遊びます!
そして、とうとう次回の活動で現状的に表現サークルは最後の活動となります。
少し寂しいですが、それも仕方がないことです。
とりあえず、いい形で終われること、または次につなげられる望みができれば次につなげられるように、とにかく頑張りたいと思います!
 
 
 
 
 

[CHECK]2009年度のサークル活動:http://rep-circle.jugem.jp/?eid=21


謹賀新年【2011年】

大変大変遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
あと1週間近くで1月も終わってしまい、本当に時の流れの早さを感じています。
思えば2009年10月という1年以上前に15人のメンバーで立ち上げた表現サークル。
ここまでの活動の間には本当に色々なことがありました。
いいこと、大変なこと、楽しいこと、本当にたくさん・・・。
しかし、どんなことも少なからず自分の力となり、身となり、確実に表現サークルを立ち上げた頃と比べると少なくとも1パーセント以上は成長したなぁと自分でも感じています。
本当に表現サークルに出会えて(作れて、または加入できて)良かった!
先週の21日にPRACRICE07 -season2-を終え、残すは今週の28日のみとなりました。
本当に早かった・・・。
今の状況を考えると、後継者(1年生の加入希望者)が1人のため、恐らくは廃部となってしまうでしょう。
だけど、しっかりとした形で終えられるのであれば、それはそれで悔いはありません。
とりあえず、次回の、最後のサークルを思いっきり楽しみたいと思います!
そして、サークルは終わっても、関係が切れるわけではありません。
こんな僕ですが、これからもよろしくお願いします!

〈今日のおまけ〉
久しぶりの「今日のおまけ」コーナー!
下の写真は元日に倶知安で朝に撮った羊蹄山です。
毎年、倶知安の元日は吹雪いていたり、曇っていたり、天気があまりよろしくないのですが、今年は珍しく天気がそれなりに良かったです。
本当は朝日が当たっている羊蹄山を撮れれば最高だったのですが、ちょっと曇りがかってて残念・・・。


[CHECK]2009年度のサークル活動:http://rep-circle.jugem.jp/?eid=21


PRACTICE06 -season2-

PRACTICE06 -season2-

〈活動日〉
2010年12月16日木曜日

〈活動主題〉
ペットボトルロケット

〈活動内容〉
制作したペットボトルロケットを飛ばしてみる。

〈活動目的〉
水と空気の関係性を勉強した上で、実際に飛ばしてみて本当に関係しているかどうか学ぶ。

〈活動場所〉
豊平川河川敷

〈使用資材〉
・ペットボトルロケット
・バブ
・発泡スチロール
・割り箸
・ゴム風船

〈参加者〉
あやこ、みなみ、ザンちゃん、りさ、倶知安のマリオカート野郎、Justice Hitoshi、きな

〈企画・運営〉
5班(あやの、Justice Hitoshi、きな)

〈活動風景〉
今回は年内最後の活動でした。
去る7月23日、実に5ヶ月前に制作したペットボトルロケットをようやく飛ばす日がやってきました!
制作後、カプラー(発射口・噴射口)の購入をどうするか、5班内での意見の枝分かれ、カプラーを使った場合のペットボトルロケットの暴発の危険性などなど、議題がたくさんあり、行うことができませんでした。
しかし、カプラー以外にバブを使ったやり方もあるということを顧問のリベロ仲嶋先生に教えていただきました。
そして、11月半ばに企画・運営のJustice Hitoshiくんときなによるバブを使ったペットボトルロケットの実験を行った後、ちょうどクリスマスコンサートが終わり、授業が2講目までしかなかった12月16日に発射の日を迎えました。
ちなみに、実験ではみんなで作ったペットボトルロケットと500ミリのペットボトルで試射を行ったそうですが、みんなで作ったペットボトルロケットは重くてあまり飛ばなかったそうであり、一方、500ミリのペットボトルは5メートル飛んだそうです。
一度、みんなで作ったペットボトルロケットを飛ばすか、それとも500ミリのペットボトルを使って飛ばすか話し合いましたが、「せっかくペットボトルロケットを制作したのだから、あまり飛ばなくてもいいから、それを使って飛ばしたい」とみんなの意見がまとまり、7月に制作したペットボトルロケットを使って飛ばすことになりました。
さて、ペットボトルロケットを飛ばした時の風景を一言で言うと・・・爆笑の渦でした(笑)!
ある程度飛んだかと思えば、その次はほんの数センチしか飛ばなかったり、不発だったり、ロケットを押さえていたザンちゃんにロケットの中のお湯がかかったりなどなど、本当に爆笑シーンがたくさんありました。
また、5回目の発射を終えたところでバブがなくなり、僕は自転車で来ていたので、バブを買いに行こうとしたところ、何とお湯もなくなり、同時に栓代わりの発泡スチロールもなくなってしまいました・・・。
万事休すか・・・そう思った時に救世主が現れました。
それは途中参加のきなでした!
何とお湯を持ってきていたのです!!
さすがに発泡スチロールは持ってきていませんでしたが、僕には発泡スチロールに関してちょっとした宛があったので、とりあえずバブを買いに行くことにしました。
近くのファミリーマートでバブを買った後、僕が向かったのは近くのゴミステーション(爆)!
「ゴミは宝の宝庫」と誰が言ったか分からないような言葉ですが、実は本当だったりするんですよ!!
ゴミステーションの中には予想通り、発泡スチロールの1つや2つがずらりと(笑)。
そこから1つ拝借し、みんなのところへ戻り、ペットボトルロケットを再開しました。
全部で7回飛ばしましたが、結果は
 1回目→約2メートル
 2回目→約180センチ
 3回目→未測定(数センチ)
 4回目→約1ミリ
 5回目→不発
 6回目→30センチ
 7回目→157センチ
でした。
1回目はちょうど飛んだ後に僕が到着し、見ることができませんでした。
ちなみに、僕が河川敷に到着した時に聞こえたみんなの歓声がかなりすごかったです(笑)。
しかも、測定方法はJustice Hitoshiくんの靴(爆)!
1・2回目はJustice Hotoshiくんの靴で測定し、6・7回目は救世主のきながメジャーを持ってきており、それを使って正確に測りました。
そんなこんなで表現サークル史上初めての外での活動は笑いの耐えない、とても楽しい活動でした!
残念ながら参加できなかった顧問のリベロ仲嶋先生にも結果をメールで報告しましたが、「大成功だったのでは、と思います」、「ひとえに食らい付いた努力の賜物です!」とお褒めの言葉をいただきました。
ペットボトルロケットを飛ばすまでに色々とありましたが、飛ばすことができて、大成功で良かったです!
終わり良ければ全て良し!!
 
 
 
 

さて、サークルも来年の1月に2回行うのみとなってしまいましたが、朗報としてサークルに入会したいという1年生が1人現れました。
本当はもっと早くに勧誘できれば今頃たくさんの1年生がサークルに入会してくれていたかもしれませんが、早くに勧誘できなかったことが残念です・・・。
サークルとしてはせっかく立ち上げた「表現サークル」を次に受け継いでいきたいですが、仮にこのまま1年生が1人のままであれば、事実上、サークルは廃部となります。
しかし、廃部となるとしても、それはそれで中途半端に終わるのだけはないようにしたいです。
とにかくまずは残りの活動をみんなで頑張りたいと思います。
それでは、また来年!
良いお年を!!

〈関連ページ〉
http://rep-circle.jugem.jp/?eid=39(PRACTICE02 -season2-)

[CHECK]2009年度のサークル活動:http://rep-circle.jugem.jp/?eid=21


PRACTICE05 -season2-

PRACTICE05 -season2-

〈活動日〉
2010年11月19日金曜日

〈活動主題〉
みんなで写真を撮る

〈活動内容〉
前回、前々回の続きを行いつつ、ピンホールカメラで写真を撮ってみる。

〈活動目的〉
身近なものをあえてじっくり観察して写真を撮ることにより、感受性を豊かにする。(前回、前々回と同様)

〈活動場所〉
604教室(学校6階)

〈使用資材〉
・ピンホールカメラのクラフト
・両面テープ
・セロハンテープ
・はさみ
・フィルム

〈参加者〉
あやこ、みなみ、ザンちゃん、りさ、倶知安のマリオカート野郎、きな、ノムさん、ヒロくん、リベロ仲嶋先生

〈企画・運営〉
リベロ仲嶋先生、2班(ヒロくん)、助っ人(屋敷、みなみ、倶知安のマリオカート野郎)

〈活動風景〉
前回のうちにピンホールカメラの製作もほぼ全員が完成し、今回はいよいよ写真撮影が入ってきました。
製作が終わっていない人は引き続き製作を行いました。
僕もようやく完成間近までいきましたが、残念ながら完成まではいきませんでした。
続きは個人的に行おうと思います。
製作、写真撮影といずれもみんなとても楽しそうに、とてもいい顔をして活動に臨んでいました。
正直、最初は紙で作った子どもの付録のようなもので本当に写真が撮れるのか半信半疑でしたが、ピンホールカメラの原理を知ったことにより、本当に撮れるをことを知り、いずれ僕も写真を撮ってみたいです。
また、リベロ仲嶋先生がかつてピンホールカメラで撮ったという写真もぜひ今度見てみたいです。
 
 
 
 
 

〈関連ページ〉
http://rep-circle.jugem.jp/?eid=40(PRACTICE03 -season2-)
http://rep-circle.jugem.jp/?eid=41(PRACTICE04 -season2-)

[CHECK]2009年度のサークル活動:http://rep-circle.jugem.jp/?eid=21


PRACTICE04 -season2-

PRACTICE04 -season2-

〈活動日〉
2010年11月12日金曜日

〈活動主題〉
みんなで写真を撮る

〈活動内容〉
前回の続きを行う。

〈活動目的〉
身近なものをあえてじっくり観察して写真を撮ることにより、感受性を豊かにする。(前回と同様)

〈活動場所〉
604教室(学校6階)

〈使用資材〉
・ピンホールカメラのクラフト
・両面テープ
・セロハンテープ
・はさみ

〈参加者〉
あやの、あやこ、みなみ、ザンちゃん、りさ、倶知安のマリオカート野郎、きな、ノムさん、ヒロくん、リベロ仲嶋先生

〈企画・運営〉
リベロ仲嶋先生、2班(ヒロくん)、助っ人(屋敷、みなみ、倶知安のマリオカート野郎)

〈活動風景〉
今回の活動は前回の続きをしました。
ピンホールカメラの企画者でもあり、3ヶ月振りの再会となった顧問のリベロ仲嶋先生も久しぶりにサークルに参加され、製作のアドバイスもしていただきながら、全体的にスムーズな流れで活動できました。
周りはほとんど完成してきましたが、僕はというとリベロ仲嶋先生への積もり話もあり、今回もあまり(・・・というよりほとんど)進みませんでした(笑)。
また、写真撮影は今回もできず、この続きはPRACTICE05 -season2-に続きます。
机で島を作り、みんなで分からないところを教え合いながら行うサークル活動は本当に楽しいです!
みんなとの絆が深まり、今もさらにさらに親交が深まるのは本当にサークルがあってこそです!!
 
 
 
 
 

〈関連ページ〉
http://rep-circle.jugem.jp/?eid=40(PRACTICE03 -season2-)

[CHECK]2009年度のサークル活動:http://rep-circle.jugem.jp/?eid=21


PRACTICE03 -season2-

PRACTICE03 -season2-

〈活動日〉
2010年10月29日金曜日

〈活動主題〉
みんなで写真を撮る

〈活動内容〉
ピンホールカメラを製作して実際に写真を撮ってみる。

〈活動目的〉
身近なものをあえてじっくり観察して写真を撮ることにより、感受性を豊かにする。

〈活動場所〉
604教室(学校6階)

〈使用資材〉
・ピンホールカメラのクラフト
・両面テープ
・セロハンテープ
・はさみ

〈参加者〉
屋敷、あやこ、みなみ、りさ、倶知安のマリオカート野郎、Justice Hitoshi、きな、ノムさん、ヒロくん

〈企画・運営〉
リベロ仲嶋先生、2班(ヒロくん)、助っ人(屋敷、みなみ、倶知安のマリオカート野郎)

〈活動風景〉
8月22日以来、4ヶ月以上振りの書き込みとなります。
8月23日から僕は幼稚園教育実習で地元・倶知安へ、9月27日からは施設実習、今月15日はクリスマスコンサート(10月半ばから本格的にオペレッタの練習)など、とても忙しく、更新できませんでした。
あしからず。
現在、就職活動中ですが、今は書類選考中のため、とりあえず待つことしかできないため、少しゆっくりする時間ができました。
さて、長い言い訳はここまでにして、遅ればせながら、今回の活動は昨年のうちにサークルメンバー全員が購入したピンホールカメラの製作を行いました。
個人的に紙でできたクラフトを説明書を見ながら作り上げるのは恐らく小学校の図画工作以来のことであり、参加者も同じように久しぶりのクラフト製作のようでした。
結構複雑なクラフトであり、間違いなく僕が今まで作ったクラフトの中で最も難しいと思います(・・・というより、クラフト自体、あまり作ったことがありませんが 笑)。
ちなみに、みんなはある程度進みましたが、僕は写真撮影やみんなとの話に花が咲き、ほとんど製作できませんでした(笑)。
1回のみの活動では完成できなかったため、この続きはPRACTICE04 -season2-に続きます。
同様の理由で活動主題と活動内容(年間活動計画で立てた内容)、活動目的には「写真を撮る」とありましたが、カメラ自体が完成していないため、写真撮影はできませんでした。
 
 
 
 
 

[CHECK]2009年度のサークル活動:http://rep-circle.jugem.jp/?eid=21


PRACTICE02 -season2-

PRACTICE02 -season2-

〈活動日〉
2009年7月23日金曜日

〈活動主題〉
ペットボトルロケット

〈活動内容〉
ペットボトルロケットを制作する。

〈活動目的〉
水と空気の関係性を学ぶと同時にリサイクルを行っておもちゃの作り方を学ぶ。

〈活動場所〉
606教室(学校6階)

〈使用資材〉
・ペットボトル
・ホチキス
・セロハンテープ
・ビニールテープ
・はさみ
・カッター

〈参加者〉
屋敷、あやこ、みなみ、りさ、倶知安のマリオカート野郎、Justice Hitoshi、きな、ノムさん

〈企画・運営〉
5班(あやの、Justice Hitoshi、きな)

〈活動風景〉
今回は企画・運営のJustice Hitoshiくんときなが先生となり、また、配布されたペットボトルロケットの作り方を見ながら制作しました。
制作者側は2チームに別れ、あやこ・みなみ・倶知安のマリオカート野郎チーム、屋敷・りさ・ノムさんチームに分かれ、制作を行いました。
今回のようにチームでの作業は昨年度のPRACTICE11-13を除いては初めてであり、チームで協力しながら行うという活動することで、さらにサークルメンバーの信頼関係が深まると思いますし、何より個人作業よりも面白いです!
また、僕は小学5年生の時に一度ペットボトルロケットを制作したことがあるため、自分が分かる範囲のことを教えながら、分からないところは教えられながら作業をしました。
「教える」・「教え合う」・・・保育現場においてもとても大切なことだと思います。
例えば、最初は保育者が遊びのルールを子ども達に“教え”、その後は子ども達自身が“教え合い”発展させてゆく。
実習中には僕が教えた手遊びを子ども達で分からないところを聞いたり、教え合ったりしながら楽しんでくれました。
そういった意味でも、サークル活動を通して、たくさん大切なことを学べていると思います。
さて、今回はペットボトルロケットの制作、次回はいよいよ発射となります。
・・・が、きなに聞いたところ、材料の調達、暴発の危険性などを考慮し、いつ発射できるか難しい状況だそうです。
ペットボトルロケットとは別に、次回のサークル活動は施設実習明けの早くて10月22日となりそうです。
その時には就職活動も活発化してくるため、本当にあと何回活動できるか分かりませんが、できれば各班で考えて立案した活動計画を全て実行に移せることを願っています。
 
 
 
 
 
 
↑左:あやこ・みなみ・倶知安のマリオカート野郎チーム、右:屋敷・りさ・ノムさんチーム

[CHECK]2009年度のサークル活動:http://rep-circle.jugem.jp/?eid=21


PRACTICE01 -season2-

PRACTICE01 -season2-

〈活動日〉
2010年7月16日金曜日

〈活動主題〉
簡単に作れる楽器

〈活動内容〉
身近なもの、普段捨ててしまうもので作る手軽な楽器制作。

〈活動目的〉
ものを大切にすることを学び、捨ててしまうものでも工夫すれば色々なものが作れることを学ぶ。

〈活動場所〉
604教室(学校6階)

〈使用資材〉
トイレットペーパーの芯で作ったオカリナ
・トイレットペーパーの芯
・ストロー
・ガムテープ

ペットボトル笛
・ペットボトル
・ストロー
・ビニールテープ

牛乳パックギター
・牛乳パック
・輪ゴム
・セロハンテープ
・ホチキス

全てに使用
・はさみ
・カッター

〈参加者〉
屋敷、あやの、あやこ、ザンちゃん、りさ、倶知安のマリオカート野郎、Justice Hitoshi、きな、ノムさん、ヒロくん、リベロ仲嶋先生

〈企画・運営〉
1班(屋敷、りさ、ノムさん)

〈活動風景〉
いやいや、本当に久しぶりのサークル活動!
2010年度第1回目の活動が開始。
企画・運営においてもいよいよ本格的に班単位で始動したという感じです。
今回は身近にある様々なものを使って制作しました。
まず、「トイレットペーパーの芯で作ったオカリナ」は屋敷が担当。
名づけも屋敷であり、この屋敷らしいセンスが面白い!
活動ももちろん面白かったです。
名前通り、トイレットペーパーの芯とストローを使ってオカリナを作り、みんなで吹いて遊びました。
次に、「ペットボトル笛」はりさが担当。
これは「トイレットペーパーの芯で作ったオカリナ」ととてもよく似ていました。
素材がトイレットペーパーの芯からペットボトルに代わり、ストローも少し太めのものを使って作りました。
音は前者よりも少し低めの音であり、音の違いがとても楽しめました。
最後に、「牛乳パックギター」はノムさんが担当。
牛乳パックと輪ゴムを使って作りました。
音は本当に何とも言えないいい音!
どちらかというとお琴に近い音かもしれません。
こうして、3つの楽器を作ってみんなで演奏して遊んだわけですが、これは保育現場の制作においても大いに活用できると思います。
子どもが自分達で作った楽器を使って演奏会・・・いつか、保育現場で実践してみたいものです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

[CHECK]2009年度の表現サークル:http://rep-circle.jugem.jp/?eid=21


遅ればせながら・・・

遅ればせながら、2010年度のサークル活動についてのブログ更新をスタートしたいと思います。
思えば、2年生になった4月、新しい学科長・副学科長の就任、昨年度のサークル活動開始段階で約束されていた報告書の未作成、活動後の後始末の不十分さなどにより、学科の方からサークル活動に待ったがかかり、まずは昨年度の報告書の作成からスタートしました。
報告書の様式は僕とサークル長が作成したものを顧問のリベロ仲嶋先生に見ていただき、細かい訂正を繰り返しながら、ようやく様式が完成。
その後、サークルメンバー全員で協力して報告書を書いて顧問に提出し、細かい訂正をしていただきました。
最終仕上げで僕とサークル長で清書し、リベロ仲嶋先生に顧問所見を書いていただき、学科へ提出となりました。
この作業のみで1ヶ月丸々かかりました。
報告書完成のみでサークル活動の許可は下りず。
次に、肝心な年間活動計画を立てる作業に入りました。
各班で1つずつサークルで行いたい活動を考え、ザンちゃん、ノムさん、ヒロくんを中心に年間活動書をまとめ、顧問に見ていただき、学科へ提出となりました。
ようやく5月末に学科からサークル活動の許可が下り、保育実習明けの7月16日に約4ヵ月半振りとなるサークル活動が再開しました。

長い長いブランクを経て、ようやく再開した表現サークル。
今年は就職活動も入ってくるため、サークルよりもそちらを優先したり、個人的な都合などもあり、エージ、ひかる、ペー、ヨッシーの4人はサークルを退会しました。
しかし、サークルを離れたからといって上記の4人との交友関係が切れたわけではありません。
“保育者”という同じ夢を目指す者同士、良き友として、良きライバルとして、現在もいい関係を保っています。
重複しますが、就職活動なども入ってくるため、この先あと何回サークル活動を行えるかどうかは分かりませんが、表現サークルという素敵なサークルでクラス以上に交友関係を深められた仲間とともに残された時間をどれだけ大切に過ごせるか、とても楽しみにしています。

〈お知らせ〉
一時期、サークル長の提案でサークルの活動以外のことも載せることにしていました。
しかし、やはり何より“サークル”のブログであり、どのような活動をしているかを掲載しなければならなく、サークル以外のことを載せ過ぎては分かりにくいのではないかと顧問のリベロ仲嶋先生からアドバイスをいただき、また、僕も考え直しました。
そこで、「倶知安のマリオカート野郎が日々の生活から感じた、みんなに伝えたい大切なこと」&「何気ない日々の感想」を載せるために新たに「IMPORTANTS」というページを立ち上げ、今まで「表現サークル」に載せていた活動以外の記事は「IMPORTANTS」に移動しましたので、よろしくお願いします!
http://importants.jugem.jp/(「IMPORTANTS」のページ。リンクにも貼りました)

[CHECK]2009年度のサークル活動:http://rep-circle.jugem.jp/?eid=21